住宅ローンの頭金は必ず必要?

住宅ローンを組むにはまず頭金と言う物が必要です。
頭金は一切かかりません!という広告も目にしますが、頭金無しでも確かに購入は可能でしょう。
ただ、頭金を支払わないと月々の返済額が大きくなります。
月々の返済を少しでも楽にしたければ、やはり、最初に頭金を少し支払いましょう。
頭金の支配い額は物件金額の20%と言われていますが、住宅を買うとなると他の費用もかかりますので20%は目安として、支払える範囲で検討すると良いでしょう。
住宅ローンを組むには、まず銀行で審査が必要です。
住宅ローンは長い月日返済し続けないといけないので、審査は大変厳しく行われます。
審査結果が出るのは約1週間後です。
結果は電話もしくは口頭で伝えられます。
審査結果によっては、残念ながらローンを組む事は出来ません。
見事、審査が通ったら、次はいよいよ契約に移ります。
契約の時は、銀行側に指示された書類をすべて揃える他実印や諸費用なども必要になります。
諸費用は借入する額によって変わってくるので、事前に銀行側から指示されます。
たいていの場合、数十万〜数百万単位の金額が指示される様です。
家が欲しい!思ったときに資金調達として利用できるのが住宅ローンです。
申請する場合は、銀行・信用金庫またインターネットバンキングでも受付ています。
ただし、どこに申し込みをしようとも審査があります。
大切な点は職業のほか、務めている年数、年収が主なポイントになります。
あわせて、過去の金銭トラブルなども判断されるのでもしも思い当たる節がある場合はまずそちらをきれいに片づけ申し込みをされると良いでしょう。
住宅ローンの中には、フラット35という名前のローンがあります。
フラット35とは、民間の金融機関と住宅金融支援機構によって提供されるローンの事です。
35年間支払い額が変わらないのが最大の特徴です。
35年という長い間、世の景気に左右されることなく、フラット35のローン審査は一般的な物よりも審査の見方が異なります。
とはいえ、年収や勤続年数など、支払いに関わってくる事はフラット35だからといって、審査内容が甘い。
といった事もありません。
一般的な住宅ローン相談と一緒です。
違う点は、貸付をする住宅に価値があるかどうか。
という所を重点的に見る。
という点です。
一般的なローンはそこまで価値を重視しないので、フラット35の特徴的な審査方法です。

住宅ローン繰り上げ返済タイミング