iphone5sのスペックとは

iphone5sの特筆すべきスペック、つまり性能は、64ビットのCPUです。
CPUとは、コンピューターなどの処理装置としての電子回路のことで、最新の性能を誇る64ビットを搭載したのが、iphone5sというわけです。
CPUが64ビットになるとどのようにすごいのかというと、いままで動画を見たり電子書籍を読んだりするとき、データ取得などがなかなかスムーズにいきませんでした。
なぜならデータ容量の大きなものなので、読み込み処理に時間がかかってしまうのです。
しかし、64ビットであれば動画も電子書籍もスムーズにサクサク読み込め、いままでにないスピードで接続できるというのです。
ちなみに64ビットのCPUはA7チップに組み込まれています。
これまでのものはA6チップで、A7チップはA6チップの倍のポテンシャルを持っているそうです。