簿記3級の資格について

簿記3級は簡単な経理処理を行うための能力を評価するための資格です。簿記の検定試験を行っている団体は日本商工会議所、全国経理学校協会、全国商業高等学校協会があり、それぞれ日商簿記、全経簿記、全商簿記と呼ばれています。簿記といった場合には一般的には日商簿記を指すことが多いようです。

ですから、求人に簿記の資格を所有しているという条件がある場合には、基本的には日商簿記を指すと考えておけばよいでしょう。簿記の資格を取得することによって、経理処理が出来るということを示すことができます。その中でも簿記3級は基本的な経理処理を行うため知識があるということを客観的に示すものだと言えるでしょう。

簿記3級を受けるためには制限はありません。試験は年に3回で、2月、6月、11月に行われます。簿記にはいくつかの種類がありますが、3級は商業簿記の1科目だけです。そして試験時間は2時間です。申し込みの窓口は全国の商工会議所ですから、各地の商工会議所に問い合わせてみてください。経理という業務は大企業であっても中小企業であっても、一人でやっているような個人事業であっても、どこでも必要となってくる業務です。

ですから求人も多いようです。これを考えれば簿記3級を取得することは価値があると言えるでしょう。簿記の試験は2級以上になるとかなり難しくなってくると思いますが、3級に合格するためには特別な才能は必要ないでしょう。その意味では取得しやすい資格だといえます。